• 評価経済社会 : ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
  • 評価経済社会 : ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
  • 評価経済社会 : ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
  • 評価経済社会 : ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
最終決算 評価経済社会 : ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている ビジネス・経済
  • 当日発送
  • 送料無料

最終決算 評価経済社会 : ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている ビジネス・経済

お気に入りブランド
販売価格 :

5525税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
最終決算 評価経済社会 : ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている ビジネス・経済
販売価格:¥5525 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

「評価経済社会 : ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている」岡田 斗司夫定価: ¥ 1500#岡田斗司夫 #岡田_斗司夫 #本 #社会/一般
カテゴリー:本・雑誌・漫画>>>本>>>ビジネス・経済
商品の状態:目立った傷や汚れなし
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:佐川急便/日本郵便
発送元の地域:東京都
発送までの日数:4~7日で発送

商品の説明

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
Amazon.co.jp: 評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
Amazon.co.jp: 評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
2024年最新】評価経済社会 岡田斗司夫の人気アイテム - メルカリ
2024年最新】評価経済社会 岡田斗司夫の人気アイテム - メルカリ
2024年最新】評価経済社会 岡田斗司夫の人気アイテム - メルカリ
2024年最新】評価経済社会 岡田斗司夫の人気アイテム - メルカリ
Amazon.co.jp: 評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
Amazon.co.jp: 評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

最新のクチコミ

★★★★

思ってた通りの内容で満足でした。浅く広い知識が必要な人にはgoodな一冊です。

  • wat1970
  • 30歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

日本(にっぽん)破綻、他の人のレビューでもあるようにタイトルは?です。藤巻ファンはタイトルは気にせず読みましょう!2009年12月までを振り返るには良いでしょう。

  • nonibu
  • 38歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

肩の力を抜いて気軽に読める経済書で、とてもためになりました。

  • もんすけ(^^)
  • 26歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

自分にも世界を変えるためにできることが、あることを知りました。小さなことですが。

  • 顎人
  • 34歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

ずっと分かっててやってたんだろうと思っていたので、この人ほど頭のいい人が、アメリカ型経済学が強者のための強者による理論だと言うことに気づかずにずっとその美しさを信じて、今になって本性を見抜いたって懺悔するなんて、なんてナイーブな。と、いう感じを受けるこの本。内容は、今更という感じもしますが、それなりに整理されているので、無駄なもの買ったという感じにはなりませんでした。

  • マギー092
  • 42歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

1990年のバブル崩壊からの世の中の動きを分りやすく解説してくれている1冊。 それにしても日本ってアメリカには良く振り回されているものですねぇ〜苦笑 やっぱりこれからの時代は地に足を付けて進むしかなさそうですね。 でも心配なのは本書でも取り上げられている、不況の時に一番初めに無くなっていく職業が士農工商の3番目の工であると言う事。 ものつくり日本としてはやっぱり厳しい時代なんですねぇ〜。

  • こうじゅんコロコロ
  • 30歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

本は分厚いですが、読む価値はあります。読んでいて素直に腹に落ちる感じでした。

  • ルルルン39
  • 38歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

いろいろの人の意見がまとめられているので参考になるが、読み進んでいくうちに いろいろな人の意見が出てくるのでに要点がわからなくなる、考えを広める為、 たまに読むのには良いと思う。

  • pandadog1104
  • 46歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★

エンロンとワールドコムの不正会計問題の生起を機に、2002年に執筆された「国際金融戦争」で、既に著者はアメリカ帝国と資本主義の崩壊(米国で今行われている企業の国営化というのは社会主義である)を“予言”していた。 本書ではさらに、 1.我々が正しく認識しなければいけないのは、現在の状況が「金融危機」ではなく「金融腐敗」であり、「金融メカニズム」の崩壊ではなく、「資本主義制度」の崩壊であるということ。 2.上記の不正会計問題を引き起こしたメンバーが2008年の金融恐慌を起こしたメンバーと同じであるが故に、バブルで“消えた”820兆円もの金は金融マフィアの裏庭に保存されていて、何年か後に21世紀に入って3度目の金融腐敗が起きることは必至であること。 であることを述べ、このバブル崩壊の責任者として“国際殺人・泥棒クラブ”のメンバーであるグリーンスパン、元財務長官ルービン、キッシンジャーとH.ボールソン等を挙げる。 また、オバマ新政権の大物スタッフに、G.ソロス(ソロスは今回のバブル崩壊を「私の生涯で最大の危機・スーパーバブル」と言っている)と組んで統治にうつつを抜かしていた元FRB議長ボルガ−、サマーズ、ガイトナー等が就任し、今回の“犯罪”を起こした犯罪者に犯罪を取り締まれとでもいう絶望的な布陣になっていることを指摘している。その上で、米国財政が生き延びる手段は、 1.米国債をFRBが買い取ってFRBがそのためのドル札を印刷するというイカサマ 2.敗戦直後の日本がやった従来紙幣の流通停止と新円の発行のような、新ドルの発行と通貨の切り下げでドルの価値を一夜で変えること も、あり得ないことではないといい、この場合、ドルは基軸通貨ではなくなり、ドルで外貨準備高を保有する日本は大損をすることになる、と指摘している。 著者は、こう結ぶ。 日本でもリーマンブラザーズ東京支店の顧問役だった榊原英資、堺屋太一や、リーマンに簡単に手玉にとられたホリエモンを経済改革の旗手と持ち上げた竹中平蔵、村上ファンドで資産を転がしていた福井俊彦が大手を振って歩いている。 日本は、ゆうちょ、かんぽの上場も取りやめ、今こそ半世紀前にスカルノが警鐘を鳴らした“植民地支配”を脱しなければいけない。

  • ちゅらさんず+
  • 34歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

グローバル化=2極化はアイドル歌手、芸術家、プロスポーツなどの人気商売のことだけかと思っていました。そうではなくて、グローバルな自由競争になると、人気商売でなくとも本当に一握りの人だけに成功が集中してその他大勢は赤貧になるのですね。そして社会福祉は破綻するのですね。そういうことがこの本を読んで解かりました。

  • タケオ4282
  • 42歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

資本主義もアメリカという国を覇権とすることでかなり変貌し 制御不能の モンスターになりつつある。おもしろかった。

  • Tominaha
  • 30歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

考え方の一つとしてありかなと思う。 本書の最終評価は未来の経済学者が判断するであろう。

  • neru4893
  • 38歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

著者はこれまで新自由主義、市場原理主義を推進してきた学者の一人であり、自戒の念をこめて著わした本である。なぜ自壊してしまったのか鋭く追究しており、一読に値すると思う。

  • らいたららん
  • 46歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

母からの頼まれ物です。 30年以上株取引を続けている母が、いつもこの方の本を読んでいます。 代理購入なので、内容の事はわかりませんが。。。 何十冊とこの方の本を読んでいるので、きっと参考になるんだと思います。

  • ひろのこ2323
  • 34歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品